20代の男性2/3「妻や恋人なし」、20代独身男性4割「デート経験なし」→オンライン出会い支援へ



未婚率の上昇や晩婚化、少子化がいよいよ深刻な問題として受け止められてきている現代日本。

ですが今の時点でも若者の恋愛事情はいっこうに改善される気配が見えません。

内閣府の調査では20代男性らの厳しい恋愛事情が示されています。

20代独身男性4割デート経験なしの調査結果



6月14日に閣議決定された内閣府の男女共同参画白書の中で20代男性のおよそ2/3近くが「配偶者や恋人がいない」と回答していることをテレビ朝日が報じています。


「配偶者や恋人がいない」と回答した20代女性も過半数となっています。

また20代の独身男性のおよそ4割が「これまでデートした人数」を「ゼロ」と回答しました。


こちらは20代女性では25%程度です。

また「これまでの恋人の人数」では、20~30代の男性の4割近くが「0人」と回答。


これは20~30代女性の24%より10ポイント以上高い数字です。

過酷な恋愛事情に「オンライン出会い支援」


調査により若年層男性の恋愛事情が極めて過酷になっている状況が浮き彫りとなった形です。

テレビ朝日は政府関係者の「未婚や晩婚化、少子化に拍車をかけることにつながりかねない」とする危機感を紹介しています。

なお、野田聖子大臣は「今はオンラインで繋がっていくことが主流になってきている。対面に代替できるものを提供していく、使いやすくしようということを応援したい」と、オンラインサービス上での出会いの支援を口にしています。

官製マッチングサイトが登場することになるのでしょうか?
・関連記事
「AI婚活」政府が後押しへ、「条件合わずとも相性の良い相手」が選べて少子化解消? | Your News Online

【悲報】若者のデート費用、8割が1回「1万円未満」でした | Your News Online

2021年出生数推計は約80万5千人、少子化ペース7年前倒しの超加速と判明 | Your News Online

年収が低過ぎて恋愛も結婚もできない!若者の貧困で少子化のアクセル全開であることが判明 | Your News Online